--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2012.03.25(Sun):日々徒然
大学生協さん

3月23日のきずな工房。

工房利用者Tさんとお話しているのは、ピンクのビブスを着た若者3人。
七ヶ浜町ボランティアセンターではすっかりお馴染みの大学生協の皆さんです。
左から仲野聡さん(名古屋大)吉田收利さん(埼玉大)都甲直之さん(東京大)

「今、お困りのこととかありますか?」
「皆がみんなやってくれるので。きずな工房に来させてもらってるし。
 至れり尽くせりで何も困っていません」
大学生の皆さんの問いに答えていくTさん。

これは、ボラセンの活動のひとつ。
活動依頼終了のお宅へ訪問調査を行なっています。
その後の状況など、お一人おひとりに聞き取りをして、
住民の方のニーズを拾い上げ今後の活動につなげていきます。

「皆やさしい人たちばかりだね。(私は)人のことしないで自分の家のことばかりでね」というTさん。
「僕たちも2年前だったら、そんなことは思わなかったですよ」と話す学生さんに、
「なにでお返ししようかね~」ぽつりと呟くTさん。

自分たちで家の片付けをしようとしていたTさんご夫妻。
ところが腰が痛くて出来なかったと話してくれました。

「ボランティアさんが皆きれいにしてくれたもんね。10人くらいで。本当に涙出る…」

「また力仕事のお手伝いに来ますよ。気軽に言ってください」と学生さんたち。

七ヶ浜町ボランティアセンターでは、これからも住民に寄り添った活動を続けていきます。
そして、きずな工房でも…。
一歩一歩、一緒に前へ進んで行きましょう。



スポンサーサイト
2012.03.25(Sun):日々徒然
紀宝町1

3月19日の出来事が続きます。

レスキューストックヤードさんを通して、工房に支援物資が届きました。
三重県紀宝町社会福祉協議会から頂戴したのは、とっても可愛らしいエコたわし♪
町の特産・みかんをイメージして住民の皆さんが手作りしていただきました。
オレンジと黄色のビタミンカラーで見てるだけで元気が出てきそう!


紀宝町2

昨年9月上旬の台風12号で被害が大きかった紀宝町。
「今までたくさんの人に助けられた恩返しがしたい」と、
七ヶ浜から住民が手作りしたカエルのタオル人形を手作り。
津波で被災した松の木を加工したプレートに、仮設住宅にお住まいの方のメッセージを添えました。
「七ヶ浜もがんばってます。紀宝町の皆さんも一緒にがんばりましょう」の思いを込めて…。
紀宝町の支援を行なっているレスキューストックヤードさんを通して贈りました。

そして、今回届いた紀宝町からの贈りもの。
元気をいただきました。共にがんばっていきましょう!


紀宝町3

また、兵庫県赤穂市の手編みホームカバーお届け隊から室内履きをいただきました。
室内履きの中にはお手紙も入っていました。
「これをはいて体を暖かくして、寒さに負けずにがんばってください。心よりお祈りします」
まだまだ寒い日が続くのでありがたいです!

紀宝町の皆さん、赤穂市の皆さん。ありがとうございました!!!



2012.03.24(Sat):日々徒然
クッキー1

毎度事後報告で申し訳ないです。
3月19日のことですが…

工房利用者のT子さんから頂いた差し入れのアイシングクッキー♪
今風だとデコクッキーと言うのでしょうか?
「あら、めんこいごだぁ~」
「食べるのがもったいないっ!」と、あまりの可愛さにみんなで大はしゃぎ!
大きなハートのクッキーには『I LOVE 七ヶ浜』の文字が・・・ 感動です♪ 


クッキー2

これはT子さんの娘さんがママ友の皆さんと手作りしてくれたもの。
プロ並みの出来上がりに一同驚きです。
シールには手作りの消しゴムハンコの「絆」、「共に」がペタリ。
センスがあって手先が器用なT子さんの娘さんだな~と感心しました。


クッキー3

お世話になっているレスキューストックヤードさんにもおすそ分け♪

みんなで美味しくいただきましたよ♪
ありがとうございました!



2012.03.21(Wed):日々徒然
お便り1

ちょっと前のことになりますが…

利用者のHさんが持ってきた一枚のハガキ。
しじみ貝のストラップをを買っていただいた方からのお手紙です。
NPO法人ひょうご・まち・くらし研究所から頂いたお仕事。
雑貨屋さんでご購入いただいたんですね。
ありがとうございます!


しじみちゃん

しじみ貝のストラップは、こんなパッケージで売られているんですよ♪


しじみの根付

裏面には、制作した利用者さんが一つひとつに名前を書いています。
その名前をたよりにお手紙をいただきました。


お便り2

兵庫から届いた嬉しいお便り。
ご購入いただいた方から初めての反響に感動でした!

この後、お返事を書いたHさんのもとに…



【 続きを読む… 】

2012.03.20(Tue):日々徒然
利用者さん作2

3月15日の続きです。

ミシンを使った T子さんのランチョンマットが完成!
サポーターさんが作った和の小物をあしらってみました。素敵ですね♪


布団直し1

その横で泣いてる若者がいますが…???
そして、おかあさんたちが総出で作業を始めていますね。

一体何をしているんでしょう?




【 続きを読む… 】

2012.03.20(Tue):日々徒然
利用者さん作

3月15日のきずな工房。
朝一番に利用者のKさんが持ってきてくれたのは、
前日にコンピュータミシンで刺繍したランチョンマット。そして、小花を使ったお猿さん。
嬉しそうに見せてくれました。とってもかわいいですね♪


3月15日1

ふと気付くと、KさんとTさんが布を持って何やら始めましたが…
何を作るのでしょうか? もしかして???



【 続きを読む… 】

2012.03.20(Tue):支援者の皆さま
3月14日1

3月14日のきずな工房。
この日はブラザー工業株式会社の皆さまのご訪問があり、
前日に届いたミシン5台の贈呈式が行なわれました。


3月14日2

「ぜひ楽しんでいただきたい」と、
代表取締役社長小池利和さんからミシンが手渡されました。

七ヶ浜町社会福祉協議会副会長塩野信臣より、
「今日は本当にありがとうございます。
 きずな工房にますますたくさんの人が来てもらえると思います」。


3月14日3

また、町を通して小中学生向けの手さげバッグ2,000袋を寄付していただきました。
世界各国のミシン事業部にお声がけをして作ってくださったそうです。
心のこもったご支援をありがとうございます!


3月14日4

さて、これからミシンの説明会が始まりますよ♪



【 続きを読む… 】

2012.03.18(Sun):日々徒然
かえるちゃん1

3月13日の記事が続きます。
ブラザー工業株式会社さん、国際ソロプチミストさん…
この日は本当にたくさんのお客さまが工房を訪れました。

そして、もう一人は椿佳代さん
以前、カエルちゃんのタオル人形を教えてくれた方です。
名古屋の洋菓子店「フィレンツェ」とのスイーツコラボ。
その第二弾の打ち合わせに来てくれました。


かえるちゃん2

工房スタッフと頭をひねって試作中…

詳細が決まりましたらご紹介しますね♪



2012.03.18(Sun):支援者の皆さま
3月13日2

3月13日のきずな工房。
国際ソロプチミスト名古屋の皆さんのご訪問がありました。

ソロプチミストさんからはふくろうの置きもののご依頼をいただいています。
今月下旬に開催の40周年記念事業でお使いになるそうです。
工房でのふくろう作りは大詰めを迎えています。
その作業風景と七ヶ浜の今を撮影し、会合で上映するとのこと。


3月13日1

利用者さんたちもインタビューを受けました。
カメラが回る中、皆さんちょっぴり緊張気味の様子。


3月13日3

出来立てほやほやのふくろうちゃんたちも緊張…!?

昼食をご馳走していただいての懇親会。
ソロプチミストの皆さんは3回目のご訪問になります。
利用者さんたちと積もる話で盛り上がり、楽しい時間を過ごせました。
お手製のお汁粉も美味しかったですよ♪


3月13日5

手前左から本多可代子さん、都筑綾子さん。
奥の左から江崎恵子さん、栗田恭子さん、吉田順子さん。

更なるご支援をありがとうござました!


2012.03.18(Sun):日々徒然
3月12日

こちらもちょっと前の3月12日のことですが…
この日の訪問者はこのお二人。
左から、つぐちゃんこと荒井二予(つぐよ)さん依田ちひろさん

つぐちゃんは、愛知県安城市から七ヶ浜に駆けつけてくれたボランティアさんです。
震災直後の混乱で一番大変なときにこの町を支えてくれました。
七ヶ浜にはその後何度も来てくれて、利用者さんたちともすっかり顔なじみです。
お仕事はカウンセラー。つぐちゃんとお話していると心が和みます。

ちひろちゃんも、何度も何度も七ヶ浜へボランティアに来てくれている一人です。
きずな工房がオープンした日、セレモニーに参加してくれました。
得意のギターで、RSYのあやちゃんとボラセンでミニコンサートを開いたことも。
また、イラストがとっても上手なんですよ♪

来てくれてありがとうございます!


2012.03.18(Sun):日々徒然
3月8日

日にちが前後しますが、3月8日に工房を訪れたのは…
みやぎ観光復興支援センターのお二人。
左から、三浦明美さん横山透さんです。

ボランティア活動や観光など被災地の情報を集め、
旅行会社や学校、企業へ発信する橋渡し的な事業を行なっているそうです。

3月8日2

お二人は工房の様子を視察していかれました。
これからもよろしくお願いいたします。


2012.03.14(Wed):支援者の皆さま
3月13日

3月13日、昨日のきずな工房。
行事がてんこ盛りで賑やかな一日でした!

利用者さんたちにとって待ちに待った日…

この日は、ブラザー工業株式会社さんからミシンが届きました!!!
朝、工房へ行くとブラザーさんの大きなトラックが到着…

プロ用2台、コンピューター2台、ロック1台の合計5台!

多大なるご支援ありがとうございます!!!

利用者さん&スタッフ一同、感激の嵐ですっ!
ミシンの到着で皆さんの瞳がキラキラ☆
そして、ミシンの近辺でそわそわ、うろうろ…な状態でした。
皆さん、とっても楽しみにしていたんですね♪

この日、名古屋から来てくださったのは、
パーソナル・アンド・ホームカンパニー営業部 CSグループ今田聰さん
翌日の贈呈式と説明会があるので、確認とセッティングをしていただきました。



【 続きを読む… 】

2012.03.12(Mon):支援者の皆さま
布地

ご紹介が大変遅くなりました。

いつもご支援いただいている箕面市社会福祉協議会を通して、
着物地と一緒にとっても素敵な贈りものが届きました!


箕面から

これです! 思わずみんなでカワイイっ!!!

おサルさんが9匹。『九難が去る』だそうです。
「七ヶ浜へ送ってください」と箕面市にお住まいの方からのプレゼントです。
南天の実と枝を使って手作りしてくださいました。

魔除けの意味合いがある南天の木。
「九匹の猿は苦が去るのゴロ合わせに。皆様に福がおとずれます様に」とのこと。

ありがとうございます!


実はこのおサルさんが届いた日に、
奇遇にも工房では利用者さんたちが夢中になっていたことは…



【 続きを読む… 】

2012.03.12(Mon):日々徒然
かえるちゃん

ご報告がおそくなりましたが…
以前、ご紹介した名古屋とのスイーツプロジェクト。

中川区荒子の洋菓子店「フィレンツェ」のオリジナルクッキーと、
きずな工房の利用者さんたちが作ったカエルのぬいぐるみがパッケージされて、
3月9日に復興支援スイーツとして限定50組が販売されました。

なんと!1時間半で完売したそうです。
名古屋の皆さん、ありがとうございます!
地元のラジオ局や中日新聞でもご紹介していただきました。

「笑顔がカエル」「人がカエル」の思いが込められたカエルちゃん。
クッキーには、カラフルに七色が散りばめられています。
七ヶ浜町の「七」と、架け橋の「虹」をイメージしてくれたそうですよ。

引き続き、第二弾も展開する予定です♪



2012.03.11(Sun):ごあいさつ
東日本大震災から今日で一年が経ちました。

14時46分…

町内では防災サイレンは流れず、

船の汽笛が遠くからボォーッと聞こえてきただけ。

手を合わせ、そっと目を閉じました。


「この日は静かに過ごしたい」

数日前にぽつりとつぶやいた利用者さんの言葉が耳に残っています。



それぞれが無我夢中で過ごしてきた一年でした。

あっという間に過ぎたような、やっとここまで来たような…

時の流れをうまく言い表せることが出来ない複雑な思いです。


大勢の皆さんから支えていただいて今がある。

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

これからもきずな工房を見守っていただけると幸いです。




2012.03.06(Tue):取材など
3月5日の記事が続きます。

この日の午後に工房を訪れたのは、
株式会社シャ・ラ・ラ・カンパニー田村直子さん
そして、ご親戚の小幡玲子さん

田村さんは、TOKYO FMの取材で七ヶ浜をご訪問中、工房に立ち寄られ急きょ取材に!
利用者さんにお願いをしてご一緒してもらいました。

地元仙台のDate fmとのコラボの放送取材でした。
間もなく東日本大震災から一年が経ちます。
「宮城県の皆さんの生の声を東京の人に届けたい」と田村さん。
そっとマイクを傾けます。
  
ラジオ取材

七ヶ浜は海の町。目の前の海からたくさんの恩恵を受けてきました。

「1月はマダラ、カレイ、スズキ。今はシラウオ。暖かくなるとシャコエビ、アイナメ、ハモ…」
漁業と農業を営んでいたHさん。
「家族みたいだった」と共同作業で仕事をしていた頃のことを話してくれました。
「もう一回仕事をやりたい」。毎日笑いが絶えず楽しかったと振り返ります。
「自分のうちに早く戻りたい。どこに行くかわからないけど…。
仮設(住宅)もいいけど、自分のうちをね。そのためにも頑張ってるの」

生まれてから七ヶ浜を離れたことがないTさん。
「思いはどこにも行きたくない。この土地から離れたくないの。七ヶ浜にいたいんだよね」
これからどうなっていくのか不安な毎日。胸のうちをぽつりぽつりと話してくれました。

七ヶ浜に縁のあるお二人のご訪問があって、
利用者さんたちが抱える思いをあらためて知ることが出来たように思います。

「祖父が塩釜なんです。小さい頃からこちら(七ヶ浜)に来ていました」と田村さん。
案内役の小幡さんは「仙台から逆避難しているんです」とのこと。
仙台のご自宅が被害を受けたので、現在七ヶ浜町内にお住まいです。

多くの人々の人生を変えてしまった3月11日。

「(海は)いつもは静かなんだよ。なんで暴れたんだろう…」
Hさんの言葉が胸に染みました。




この日の取材のオンエアは…

TOKYO FM 『シナプス』 (Date fmで聞けます)
本日3月6日(火)13:00~16:00の間で放送されるそうです。


田村さん、小幡さん、ありがとうございました!



2012.03.06(Tue):日々徒然
3月5日のきずな工房。

朝、カーテンを開けてがっくり…そんな方が多かったはず。
暖かだった前日とは打って変って外は一面銀世界。また雪です!
工房でも「降るなや!」とぼやきが聞こえてきました。
比較的雪が少ない七ヶ浜町ですが、この冬はしっかり降りますね~

雪が雨に変わった午後。
工房にやって来たのは、お孫さん連れのT子さん。
両手でがっちり抱えて持ってきたのがこれ…

さるぼぼ1

さるぼぼのオブジェ!
いろいろな飾り方があって面白いですね。勉強になります♪


さるぼぼ2

3月3日中央公民館でおひなさまのイベントが行なわれ、
富士吉田市の皆さんが作った吊るしびなが飾られました。
見に行ったT子さんがきずな工房のことを話したら、快く譲ってくださったそうです。
ありがとうございます!!!

そして、もうひとつ。吊るしびなも…


【 続きを読む… 】

2012.03.04(Sun):日々徒然
3月1日

ご報告が前後しますが…3月1日のきずな工房。
お仕事の山を越えて皆さんリラックスムード。
そんな中、名古屋から浄土真宗のお坊さんが見学にいらっしゃいました。

「みんな本当にお坊さん?」と驚く利用者さんたち。
髪の毛があるので普通のボランティアさんと変わらない風貌にびっくり。
臨済宗や曹洞宗が多い七ヶ浜。宗派によって違うんですね。

お坊さんたちは朝一番にきずな館で足湯の講習を受けていました。
ご支援ありがとうございます!

また、3月6日(火)は七ヶ浜町中央公民館で念珠づくりも行なわれます。
時間は13時30分から。マッサージや名古屋のお菓子も頂けるそうですよ。
みなし仮設住宅や在宅の方も対象です。皆さん、お出かけくださいね。

(写真提供:勝田順子さん)


2012.03.04(Sun):日々徒然
ヒアリング3

少し前のことになりますが…
2月27日のレスキューストックヤード・きずな館。
テーブルの上には、鉛筆書きの家の間取り図。

「ここに米蔵があってね。馬も飼っていたの」
間取り図を指差しゆっくり話し始めたのは、
震災による津波で家を無くした方。きずな工房の利用者Cさんです。


ヒアリング

聞き手は、NPO法人伝統木構造の会北茂紀さんと、
被災地NGO協働センター法化図(ほけず)知子さんのお二人。

「ここに玄関があって、ここが廊下…」
「けっこうお客さんが来るうちだったの?」
北さんはやさしく語りかけながらメモを取っていきます。

家の似顔絵1

お二人が取り組んでいるのは『家の似顔絵』。
震災で家を失った方から家にまつわる思い出話を聞き、
修正を加えながら、その間取りを図面に起こします。
また、家の一室もイラストにして一緒にご本人に差し上げています。

この日が『家の似顔絵』の初めての活動になりました。

長い間住み続けてきた家の記憶。
今ならまだはっきりしている、かつての自分の居場所。
思い出がいっぱいの家の記憶を残したい。
図面に残しておけば、新しい家を建てるときの手がかりにもなる。

「やっと実現するということで東京からやってきました」と法化図さん。
昨年10月頃から、建築士である北さんが提案していましたが、
なかなか実現できずにいたそうです。



【 続きを読む… 】

2012.03.02(Fri):日々徒然
3月2日1

3月2日のきずな工房。
午後から降り出した雨が雪に変わりました。
「もう雪はいらねぇんだけど…」と利用者さんたち。
残念ながら、お天気はこれから荒れ模様のようです

そんな中ですが、たまに工房周辺の様子をご紹介しましょう。

3月2日3

おとなりの七ヶ浜町ボランティアセンター。
作業を早めに切り上げたボランティアさんたちが帰ってきたところです。
寒い中、お疲れさまでした!

3月2日2

雪の中、作業を続けているボランティアさんもいます。
鼻節神社の参道にあるのぼり立ての修復だそうです。


そして、大変お世話になっているレスキューストックヤードさんのきずな館では…

【 続きを読む… 】

2012.03.02(Fri):支援者の皆さま
支援物資

2月29日のきずな工房。

箕面市社会福祉協議会から毛糸の手作り品が届きました。
ベストやネッグウォーマー、座布団など。
工房利用者さんたちにお持ち帰りいただきました。

まだまだ寒い日が続く七ヶ浜町。
今年は例年より雪が多いように感じます。

心も体も温まる支援をありがとうございました!



2012.03.02(Fri):支援者の皆さま
電子レンジ

2月27日のきずな工房。
名古屋からオーブンレンジが送られてきました!!!
東日本大震災被災地演奏支援プロジェクト「おとつむぎネット」から寄付していただきました。

「贅沢かもしれないけど… 電子レンジ欲しいよね~」
お昼ごはんのたびに聞こえてくる皆のつぶやきが通じたのでしょうか?
さっそくお弁当を温めるのに使わせていただいています。
お昼はレンジの前で温め待ちの列ができてるんですよ!?

おとつむぎネットさんは、名古屋の団体です。
2000年9月の東海豪雨で被災された方々が中心になり、
東日本大震災の被災地を音楽で支援する活動をされています。
代表は、胡弓三味線演奏家の石田音人さん。
七ヶ浜町には、あさひ園まつりなど2回演奏に来てくださっています。

おとつむぎネットの皆さん、ありがとうございました!


2012.03.02(Fri):日々徒然
貝びな

七ヶ浜町ボランティアセンターで販売していた『貝びな』。
2月25日で販売終了とさせていただきました。

明日はおひなまつりですね♪
工房利用者の皆さんが手作りした39個の貝のおひなさまが、
お買い求めいただいた方々のお宅に飾られていると思うと嬉しくなります。

ありがとうございました!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。