--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.03.31(Sun):支援者の皆さま
スタッフのあべです。
私は工房スタッフになる前に、ボランティアセンターのWEB班で活動。
センターのブログ記事を書いていました。

実は、取材をしたもののアップできなかった記事が一つあります。

ボランティアきずな館の閉所にあたりご紹介させてください。
RSYの震災直後からの活動を綴る予定でした。
2011年11月に聞き取りをし、引き続き取材を続けるつもりでしたが、そのまま手付かずに…。尻切れトンボでなんとも情けないのですが、このまま眠らせておくのももったいなく思い、この場を借りてアップさせていただきます。


きずな館

レスキューストックヤードの浦野愛さんから伺ったお話です。

 震災から3~4日後に1人のスタッフを様子見に東北へ派遣しました。福島から宮城を回り、途中立ち寄った七ヶ浜に愕然としたそうです。酷い被害状況なのに報道もされず、ボランティアも来ていない状況。七ヶ浜町社会福祉協議会から「すぐにでも来てほしい」と要請を受けました。「今、ボランティアの7割は地元の中高生。帰宅すると食べ物が無い状態。彼らのために炊き出ししてほしい」とのこと。ガソリンの手はずがようやく整った3月25日にスタッフ10人で現地へ。炊きだしと足湯の準備をし、軽油のキャンピングカーと4tトラックに乗り駆けつけました。炊き出しセット、プロパンガス、食材を愛知生協から支援してもらい、あさひ園の一部を借りて準備を整えました。最初、キャンピングカーで寝泊りしましたが、10人ではしんどい状態なので、園内で宿泊もさせてもらいました。
 
 足湯の活動は、3月26日にスタート。今のみんなの状況を知りたいということもありました。ただ、困ったのは水の問題。給水車の水を使用するのが申し訳なくて、町民プールの水を利用して行うことが出来ました。避難所7ヶ所を巡回し、一時間半で30人並んだことも。お風呂に入れない、自分だけ大変だって言えないという住民の様子。「外の人間がやってきて接することで気分転換になったのでは」と振り返ります。地元の中高生ボランティアにも足湯のやり方を伝授し、実践してもらいました。お年寄りが、孫のような子どもたちと触れ合うことで和やかな雰囲気になりました。行っても役に立たないと思い、ボーっとして気が滅入ってしまうお年寄りたちが孤独に陥らないようにという思いがあったそうです。過去、被災地をまわったときに、元気がなくなり、歩けなくなってオムツをつけるようになり、施設に入ってしまったお年寄りを見てきた思いがあったからです。

 愛さんが大学生のときに阪神大震災が起こりました。レスキューストックヤードの前身は大学のサークル。当時の顧問が今の代表理事・粟田さんです。卒業後は福祉施設で介護職につきながら活動を続け、2002年3月任意団体(NPO)の立ち上げと同時に事務局スタッフに。毎年地震・水害・噴火と日本国中の被災地を回り、16年の間に30ヶ所になります。同年、東海地震の被害想定地域の変更が報じられました。以前は静岡と言われていたが、このときに愛知・静岡・三重にずれてしまいました。東海の3つのエリアは100~150年周期で大地震が起こる地域。現在は165年を過ぎていますが、いつ起こってもおかしくない状況です。しかも、津波の到達は早いところで5~15分と言われています。行政から震度6弱の指定地域の制度を受け、行政と地域が連携をとるように通達されました。しかし、行政にはノウハウが無い状態だったので、レスキューストックヤードに講座や講演の依頼がくるようになりました。

 七ヶ浜とのかかわりは5年前の防災講演以来。「日頃のネットワークが大事」と話します。社協が町とのパイプ役になり、活動拠点の場所(きずな館、トイレやシャワー使用など)の環境が整いました。建物は日本財団のロードプロジェクトで寄付されました。
 七ヶ浜での活動は避難所の支援に重きを置きました。仮設トイレの不具合を直したり、お風呂代わりに体を拭く「清拭」のボランティアなどを行うなど、少しずつできるところから始めていきました。また、声を上げられない人、孤立する人を少なくするためにニーズを拾い上げるローラー作戦も行いました。
 ゴールデンウィークには大量のボランティア導入に対して、どう対応すればよいか思案しました。せっかく来てもらった人をお断りするのは忍びない。地元議員の「この町の復興は海と共にある。浜の再生なくして町の復興は無い」ということで、菖蒲田浜にボランティアを入れて活動しました。浜清掃や公民館での親子イベントなど、地元議員が町と連携してくれたことで動きやすくなったそうです。
 「地元の皆さんが活動するちょっとしたきっかけづくりをしています。私たちが最初のとっかかりになればと。外から来て少し経験のある“よそ者”の力をうまく使ってくれるとありがたいです」。現場作業はボラセンで、それ以外のお手伝いをしているんだと話します。表札や復興商店街の看板作り、親子支援、漁業支援など。他に、仮設住宅以外の在宅支援の活動も行っています。また、地元の漁師さんと船を流されたなど話をしていたとき、小さくてもいいからぼっけ汁を振舞えればと言っていたのを聞いて先日炊き出しでぼっけ汁を出したとのこと。「基本的にはお手伝いで、地元の人の意見を聞いて活動しています。気持ちはあっても、それをどう行動していいのかわからない。その人たちのきっかけづくりになればと思います」。

 どうしてここまで支援していただけるのか?その原動力は?と問うと、「お互いさまだから。16年被災地と関わり、うれしいことや辛いことを聞いてきました。一つの被災地に行って経験したことを、また次の被災地にちょっとでも活かせる。被災地から学ばせてもらっている。被災した皆さんの願い(自分たちが経験した酷い思いを、他の人たちにさせたくない)を受け取って、次の土地に還元する。それが被災者たちの望むこと」。また、「私たちが東海地震で被災したときのことを思い、つながりをつくっておきたい」とも話してくれました。「私たちは何かしてやりたい、何かしてほしい、のつなぎ役。外部支援の窓口的役割。こういうことをやりたいプロジェクト。町の人を巻き込んでやっていきたいです」。(取材:2011年11月16日 きずな館にて)


愛さんに確認を取らずアップしてしまいました。ごめんなさい!
訂正などがありましたらご連絡をいただければと思います。



スポンサーサイト
2013.03.31(Sun):日々徒然
スタッフのあべです。また語らせてください。

今日3月31日は、ボランティアきずな館の閉所式。
お世話になっているレスキューストックヤードさんの拠点である建物が閉めることになり、そのお別れの会をボラセンがあったスパークで開催。きずな工房の利用者さんとスタッフも参加してきました。
窓の外は雪…。式の間中、ずっと降っていました。なごり雪でしたね。

ボランティアセンターのあったこの場所に入ったのは久しぶりのこと。
「いつも逆側(きずな館方向)ばかり見てたから、何だか変な感じがするね」とボラセンの竹中さんと笑いながら話していました。
きずな館最後の日にこの場に入れたことは感慨深かったです。

あぁ、それなのに…

こんなときなのにMyデジカメが動かない!ピクリともしません!(汗)
そんなもんで、急きょ写メでの撮影にがっかり…
でも、撮ることにとらわれずにじっくりと式に臨めたかもしれませんね。


3月31日1

栗田代表をはじめ、名古屋事務局からもスタッフが集まりました。
町役場や関係団体、町民の皆さん、名古屋からのボランティアさんなど、たくさんの方々が別れを惜しみました。

きずな館の活動をまとめたVTRの上映。
Groove7、NaNa5931のパフォーマンス。
そして、ありがとうの炊き出し交流会。

懐かしい人々と再会できました。
お世話になった人々ともゆっくりお話をすることができました。
また、新たな出会いもありました。


3月31日2

きずな館が閉じることは、町が復興してきた証のひとつ。
喜ぶべきはずですが、どうも悲しくなってしまいます。
「おはようって、言いに行っちゃいそう…」
そんな風につぶやいた町民の方もいました
寂しくなりますが、これも新たな一歩なんだなと思います。

きずな館は、開所から延べ8,000人のボランティアさんを受け入れたそうです。
そして、私をはじめ、多くの町民の憩いの場でもありました。
今後はボラセン内に事務局を構えられます。工房とは距離がぐっと縮まりますね。これからも引き続きよろしくお願いいたします。

この場所で、たくさんの人々と出会いました。
人と人のつながりの大切さを教えてくれたのもここです。

ありがとう、きずな館。私たちはこの場所を忘れません。



2013.03.29(Fri):日々徒然
ポスト1

3月27日のきずな工房。
裁縫の部の入り口に、男性陣がうろうろと…
何をしているのでしょうか???


ポスト2

木工房のおとうさんたちが作ってくれたポストが目出度く完成!
みんなでワイワイと取り付け作業をしていました。


風除室

ボラセンの二階堂さんが、風除室の泥除けカーペットを敷いてくれました。
「あまりにきれいだから土足で上がらんねぇ」と利用者さんたち。
色合いを考えて切り貼りしてくれて、明るい雰囲気になりました♪
いつも気にかけていただき、ありがとうございます!

そして、おとうさんたちはというと…

ポスト完成

ポスト設置完了ですっ! お疲れさまでした。
いっぱいお手紙が届くとうれしいな♪ 待ってま~す!



2013.03.28(Thu):イベント
更新が滞り、すっかりご無沙汰しています。
3月もあとわずか。何となく気忙しい雰囲気が漂いますが、
工房のおとうさん、おかあさんたちは元気に活動していますよ♪

最近の様子をお知らせする前に、3月の出来事をひとつご紹介します。

心のさろん

大変遅くなりましたが…
3月10日は、仙台へ出張きずな工房。
東京エレクトロンホールで開催のNPO活動任意団体 心のさろん さんの講座に、RSY飯田さんとスタッフあべが参加してきました。

タイトルは「3.11 被災地における女性のためのパワーアップ講座 ~被災地宮城の復興に向けて~」。講師お二人を迎えて午前と午後の部の講座です。
合間のランチミーティングに、工房の紹介と手作り品販売の時間を設けていただきました。

心のさろんさんのメンバーは5人。
主に女性を対象としたサロン活動や電話相談、男女共同参画推進啓発のための研修事業など。被災地の女性たちが心から復興できるよう手助けを行っています。

ランチミーティングが行われる和室を訪れると…

ランチミーティング1

おっ! ランチデリバリーじゃないですか!
慣れない発表の場にドキドキでしたが、迎えてくれたのは温かなスープでした。


ランチミーティング3

多賀城で活動されている食とアート工房 アトリエぷるぷるさんの手作り。
にんじんとひよこ豆、生姜が入ったマクロビスープ。
雑穀のアマランスをパラパラと振り掛けて… あったまるぅ~♪


ランチミーティング2

テーブルには、産直市 やまびこのおにぎりやお漬物、お惣菜。おいしそう!
目の前のご馳走につい舞い上がってしまいました。


ランチミーティング4

お昼ごはんを食べながら、参加者の自己紹介と情報交換。

利用者さんたちの様子や抱えている問題など… 工房のご紹介をさせていただきました。アットホームな雰囲気の中でお話することができて本当によかったです。また、手作り品をお買い上げいただきありがとうございました!

なかなか他の団体との交流がないので刺激的でした。
皆さんの取り組みやその思いを知ることができ、有意義な時間を過ごせました。




お昼ごはんのあとは、午後の部の講座を受講しました。
ともに回復する女性たち ~女性同士の語り合いからトラウマを超えて~
講師は、ウィメンズカウンセリング京都 竹之下雅代さん

心理学の観点から、被災地におけるPTSDやトラウマへの支援についてお話いただきました。工房が、スタッフが、抱えている問題と重なり、先生の言葉一つひとつが胸に染みました。

被災地は落ち着いたように見えますが、メンタル面は未だ深刻な問題を抱えたままです。支援者のケアと勉強会の必要性も話されていました。心にすとんと落ち、今後に生かしたいと思いました。

午前の部は、NPO法人 女性と子ども支援センター・ウィメンズネットこうべ 茂木美知子さんによる講話「阪神・淡路大震災から伝えたいこと ~兵庫と東北 女性たちがつながって~」。機会があれば、茂木先生の講座も受講したいです。

今回、このような場に呼んでくださった心のさろんの皆さんに感謝いたします。
ありがとうございました。


2013.03.17(Sun):日々徒然
すっかりご無沙汰しています。
あっという間に3月も半ば… 毎日が早い!はやい!
先週は中学校、今週は小学校に幼稚園が卒業・卒園式を迎えます。
すっかり春めいてきた感じがする今日この頃です♪

さて、最近のきずな工房。
しばらくぶりに木工房の様子など…

木工1

おっと!? …なにやら立派なつくりのものがありますが???


木工2

これは、Hさん&Mさんコンビの力作!
その正体は…??? 近日公開予定でーす(笑)


裁縫1

最後に裁縫の部。ニコニコ顔のさるぼぼちゃんたち。
工房に飾るために、少しずつ皆で作っています。


裁縫2

他にふくろうストラップ作りも再開。
その端切れを使って、ミニミニさるぼぼを作った人も。
こんな風に毎日楽しんでますよ~♪



工房スタッフのあべです。
私事ですが、節目を迎えるにあたって少しだけ語らせてください。

3月9日1

3月9日は子どもの卒業式でした。
七ヶ浜中学校、略して七中の卒業式。

津波で亡くなった同級生の名前も呼ばれ、卒業生全員で返事をし共に卒業を祝いました。式典後、ご家族の元に卒業証書が届けられています。

この春卒業を迎えた子どもたちは「七中校舎最後の卒業生」です。

この学年が1年生だったときの卒業式。
3年生を送り終え、後片付けをしていたときに襲った激しい揺れ。
2年前の3月11日午後2時46分。東日本大震災発生の瞬間でした。

避難所でのボランティア活動。キャンセルが続く中、一番乗りで向かった岩手県奥州市でのグリーンツーリズムなど。それぞれがこの2年間を振り返り、また、支援いただいた多くの皆さんとの交流に思いを巡らせ、あちらこちらですすり泣く声が聞こえてきました。

校舎の損壊がひどく、子どもたちは仮設校舎で学んでいます。
体育館は穴が開いた西側上部にブルシートを張り、改修工事と並行しながら使用。この冬にようやく床工事が済み、今年の卒業式を体育館で行うことが出来ました。


3月9日2

3月8日には「校舎のお別れ式」が行われ、
皆で慣れ親しんだ校舎にさようならをしました。
旧校舎のロッカーの一部が生徒たちに配られました。

本日3月11日から校舎の解体工事が始まります。
また、町では午後2時45分から追悼式が行われます。

工房はお休みし、それぞれが故人を偲ぶ日にさせていただきました。


2013.03.10(Sun):日々徒然
3月7日のきずな工房。

工房にやって来た途端に「今日から始まったぞ!」とKさん。
「じゃあ、昼休みに行ってみますか~」と車を走らせて行った先は…!?

3月7日1

七ヶ浜国際村で開催の「七ヶ浜つるし飾り展」。
エントランスホールにずらりと飾られた吊るし雛の数々!

七ヶ浜つるし飾りサークルと、塩釜きっこまざき会の皆さんによる展示です。
震災後、避難所生活のときから作った作品が飾られています。


復興だるま

瓦礫の中から見つけた着物で作った復興だるまは、その数2011個。
被災地の皆さん約800人が手がけたものだそうです。


さるぼぼ

さるぼぼは、約2000個が展示されています。
宮城・福島の行方不明者の数と同じくらいになりました。


3月7日2

その他にも、サークルの皆さんが作った作品が置いてあります。
一つひとつが丁寧に作られていて、素晴らしいものばかり。


3月7日3

町の生涯学習フェスティバルに飾られていた作品もありました。
場所を変えるとまた違った雰囲気に見えます。


這い子人形

大きな這い子人形が愛らしくて… ギュッと抱きしめたくなります。

辛い気持ちを抱えながら、一針ひとはり思いを込めて作った品々。
それぞれに手の温もりが感じられ、見ていると暖かな気持ちに包まれます。

「手を動かしていると、嫌なことを忘れられるんだ」
「きれいな布を見ると、心が晴れやかになる」
工房のおかあさんたちはそんな風に話してくれます。
きっとこの吊るし飾りを作った皆さんも同じなんだと思います。

明日で東日本大震災から2年になります。
一日でも早く被災した皆さんの気持ちが穏やかになるよう願っています。




2013.03.09(Sat):イベント
針山講座

3月8日のきずな工房。
おかあさんたちが何やら集まってますが???


針山講座2

この日は、利用者さんたち対象の「針山講座」を開催。
貝びなを教えていただいた山形の渡部美穂子さん水戸ともみさんからご支援いただきました。いつもありがとうございます!


水戸さん

講師は、水戸さんにお願いしました。
「ビンやペットボトルを使って簡単に作れますよ。廃物利用にもなりますね」
和やかな雰囲気で手作り開始です!


針山講座1

布地のまわりをぐし縫い。お話しながら、みんなでちくちく♪


針山講座3

糸をぎゅっと絞った中に綿を詰め、布を張ったビンのふたにくっ付けたら…


完成

針山ので出来上がりです! 鈴を付けると可愛いですね♪
「プレゼントすると喜ばれるんですよ」と水戸さん。
簡単に出来て、とっても素敵な仕上がり。
「ちっちゃいのもめんこいね。今度はこっちを作ってみっかな」と利用者さんたちは楽しそう。いくつか皆で作ってみてから、プチ講座をしようと思っています。その際は、工房だよりでご案内しますね♪

水戸さん、楽しい時間をありがとうございました!




2013.03.09(Sat):イベント
暖かな日が続いている七ヶ浜です。
吹く風が強めではありますが、陽射しがやわらか。
「去年植えたスイセンが芽を出したんだよ」
利用者さんたちの会話にも春の訪れを感じます。

さて、3月に入ってからの工房の様子をお伝えしますね♪


見学者1

3月1日のきずな工房は、ちょっぴり賑やかな雰囲気。

この日はミニイベント「小さなおひなまつり」を開催。
利用者さんたちの作品を飾って、皆さんに見ていただきました。


貝びな


うさちゃん


貝絵


見学者2

ささやかでしたが、依頼品製作の合間を縫って作ったものを展示しました。


見学者3

中央公民館やボランティアセンターに来た方々がお立ち寄りくださいました。
ご訪問いただいた皆さま、ありがとうございました!


見学者4

「来年に向けて作りためておきたいね」と利用者さんたち。
工房いっぱいに吊るしびなを飾りたいですね。みんなで楽しみましょう♪



それから、もうひとつ…

ナックさん

工房のおひなまつりにおいしいプレゼントが届きました!

名古屋のナックプランニングさんからです。ありがとうございます!
送っていただいたのは、洋菓子店 フィレンツェさんの焼き菓子♪


スイーツプロジェクト

二社さまには、復興スイーツプロジェクトでご支援いただいています。
工房でおかあさんたちが作ったグラニーバッグに、フィレンツェさんの焼き菓子を詰め合わせて販売。毎月7日は「七ヶ浜の日」としてご協力いただいています。

工房の利用者さんたちがお茶の時間にいただきました。
おいしいお菓子をごちそうさまでした!



2013.03.05(Tue):取材など
大変遅くなりましたが、2月半ばの出来事 Part2です。

取材1

2月20日のきずな工房。
この日はテレビ取材が入り、ちょっとだけ緊張した雰囲気でした。


取材2

取材にいらしたのは、NHK名古屋放送局の皆さん。

工房がご協力いただいているレスキューストックヤードさんをご紹介する番組の撮影です。震災から間もなく2年を迎えます。RSYさんの七ヶ浜での活動を辿るため、取材に廻られていました。


木工房

工房の様子もちょこっと映るかも…???


3月8日にRSYの代表・栗田さんが生出演するそうですよ♪
詳しくは、RSYさんのブログで!こちらをクリック ⇒



2013.03.02(Sat):支援者の皆さま
かな~~~り日にちが遡りますが…(滝汗)

記事のアップが遅くなり過ぎで申し訳ございませんでした。
2月半ばの出来事をご紹介させていただきます。


2月15日のきずな工房。

2月15日2

この日は千代田化工建設株式会社の皆さんが来所。
工房にボランティア活動に来てくれました。ありがとうございます!


千代田化工さんファイルjpg

千代田化工さんは、以前から工房のご支援をいろいろと考えてくださっています。布地のご支援の他、工房の手作り品をお買い求めいただきました。
手作り品の感想をまとめたファイルを頂戴したこともあり、
社員の皆さんの温かなメッセージに一同感激しました。


そして今回、皆さんにご協力いただいたのは手作り品の下準備です。

ふくろう班

ミニふくろうのストラップのパーツ切り。
くちばしと足の部分になるフェルトの切り方をお願いしました。

このパーツ切りは、細かい作業なので工房スタッフの担当。
仕事の合間を縫ってまとめ切りをしていましたが、
なかなか時間を取れないことが多いので大変助かりました。


ハマグリ班

また、男性の方が多かったので、貝びなの下準備もお手伝いいただきました。
とても丁寧に磨かれて、ハマグリがピカピカになりました!

「けんこ(仙台弁で貝のこと)に着物を着せるのがもったいないごたぁ~」
と利用者さんたちがその仕事ぶりに目を細めていました。
こういう作業は、男性の方が向いているのかもしれませんね!


2月15日

このとき、裁縫のおかあさんたちは依頼品作りの真っ最中。
新作を手がけていたので、いつもより神経を使っていましたが、
千代田化工の皆さんとのおしゃべりで緊張がほぐれたようです。
手を動かしながら楽しい時間を過ごせました。


2月15日3

そして、皆さんは木工房の見学へ。
利用者Cさんのトークが止まらなくなったようで… なかなか帰ってこない…
一緒にお茶のみするのを楽しみにしていたおかあさんたちは、
「私ら、もう帰る時間だよわ~」とそわそわしてました(笑)

皆さんが木工房を見学している間に、
裁縫のおかあさんたちがプレゼントを作っていました。
「七ヶ浜に来た思い出に」とミニふくろうを縫っていたんですよ。

帰り際に「目とくちばしは自分で貼ってもらってね♪」と利用者Kさん。
これが七ヶ浜流???なんでしょうか。


ストラップ作り

…ということで、千代田化工の皆さんは最後にひと仕事。楽しそうですね~♪


千代田化工さん

写真左から松岡数実さん渡辺真さん村田卓弘さん中村祐子さん

お手伝いいただき感謝しています。
そして、楽しいひとときをありがとうございました!


2013.03.02(Sat):日々徒然
3月に入りました!
本日強風が吹き荒れている七ヶ浜。
まさかもう春の嵐???

今週はそんな春気分のイベントが続いた工房でした。
最近の出来事から2月の活動を遡っていきますね。

2月26日1

まずは2月26日。
この日の午前中は、工房の研修で塩釜へ。

亀井邸に飾られる吊るしびなを見たい」
そんな利用者さんからの要望にお応えして、
塩竈deひなめぐりのイベントを見学してきました。


2月26日2

亀井邸の中に入ると、たくさんの吊るしびなとおひなさまが…
思わず「めんこいごだぁ~」と声が上がります。


2月26日3

「こんな風に飾ればいいんだね」とディスプレイの参考にも。
手作り大好きの皆さんは興味津々! しっかりお勉強してました♪


2月26日4

そして、利用者さんたちが目を奪われたのは…


2月26日5

この吊るし飾り! お見事ですねーっ!
邸内には2000点が展示されているそうです。
江戸ちりめんと古布で作られています。

工房でも本を見ながら吊るし飾りを作っています。
一個完成させるのにどれだけ時間が掛かるか…
出来栄えの美しさはもちろんですが、その数に驚きでした。

また、塩釜の仮設住宅にお住まいの方々の作品もありましたよ。


2月26日6

2階はお茶席と、幼稚園児の手作り品が展示。


2月26日7

また、販売コーナーも。
ストラップや貝のおひなさまなど、手作り品がありました。
いろいろ参考になることばかり。今後の活動に生かさなくては!


「いいもの見たなぁ~!」
「少しずつ作りためて飾るべな!」と利用者の皆さん。
他地域の活動に触れていい刺激になったようです。

来年のおひなさまに向けて、手作りを楽しみましょうね♪




2013.03.01(Fri):お知らせ
きずな工房よりお知らせです。

 来週は、裁縫の部・木工の部とも閉所日がございますので、下記のとおりご連絡いたします。

                  
                

閉所日時/平成25年3月11日(月) 終日


※東日本大震災から2年目を迎えます。この日は、町で追悼式が行われます。それぞれが静かに手を合わせ、故人を偲ぶ日にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

                  
                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。