--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.04.29(Mon):日々徒然
GWの前半も終了。もうすぐ5月ですね!
皆さん、どんなお休みをお過ごしでしょうか?

きずな工房は、カレンダー通り。
4月30日、5月1、2日は開所しています。


さて、本日は最近の作品をご紹介しますね♪

バッグ

桜の花がプリントされた可愛いバッグは、T子さんの作品。
春らしくていいですね! お出掛けが楽しくなりそうです。


コースター

そして、TE子さんのコースター。
仮設住宅集会所のパッチワーク教室で利用者さんたちが習ってきたものです。
利用者さんたち同士で教え合いっこをして作っていました。
このように、折り紙みたいな作り方が流行っているようですよ♪



それから、依頼品の製作もがんばっています。


コースター作り

扇形のミニコースターのご注文をいただきました。


コースター作り2

工房のミシンはフル稼働!大忙しです!


コースター3

このコースターは、新しく定番商品に仲間入りしました♪


コースター2

ニューフェイスをどうぞよろしくお願いいたします!



スポンサーサイト
2013.04.26(Fri):日々徒然
4月26日のきずな工房。

今日のお天気は大荒れ!雷雨の一日になりました。
激しい閃光と雷鳴にドキドキ…
ドドーーーーンッ!!!と近隣に落ちたときには、
「電気消せ!」と慌ててスイッチを切る利用者さんたち。
お向かいのボラセンから「停電したの?」と心配されてしまいました(笑)

「すんごいなぁ~!近くに落ちたか?」
「仮設(住宅)に穴が開いてんでないの?」
そんな風に思うくらい、プレハブの工房は衝撃の振動で揺れました。
最近は豪雨や強風と変な天気が多いですよね。
やはり異常気象の影響なんでしょうか?


ポーチ作り1

豪雨の中、利用者さんたちが夢中で作っていたのは…


ポーチ

ちょっと変わった形のかわいいポーチ。
TE子さんがさかもとミシンさんで教わってきたものです。


ポーチ作り3

折り紙のように布を折り畳み、アイロンで押さえて形を整えていきます。


ポーチ作り4

パッチワークをされているHさんはきれいな仕上がり♪
ビシッと形が決まりました。皆さん、とっても器用なんですよ!


ポーチ作り2

休み明けもポーチ作りに熱が入りそうです。ブームはまだまだ続きそう♪




さて、木工房はというと…



木工房1

ボランティアさんお二人が木のメダル作り。
これは七ヶ浜へボランティアに来てくれた皆さんにお渡しする「参加証」です。
雷雨のため、木工房で作業してもらいました。


木工房2

千葉から来てくれた小畑さん(写真左)と、山形の鈴木完司さん
海や船の話で盛り上がっていたようですね!
ボランティア活動、お疲れさまです。そして、ありがとうございました♪





2013.04.18(Thu):日々徒然
昨夜は最大震度5弱の地震が発生した宮城県ですが、
七ヶ浜は震度3で津波の心配はなし。ホッとしました。
地震はどんな時間であっても嫌ですが、夜の揺れにはドキリとさせられます。

さて、4月18日のきずな工房。
スタッフが工房に出勤すると…

きずな館1

きずな館の解体が進んでいてびっくり…

「(解体が)始まったな」「なんだか寂しくなるね」
利用者さんたちの会話もしんみりした感じでした。


4月18日1

そんな今日の活動は、ミニコースター作りがメイン。
130枚の依頼が入ったので、皆さん張り切って手を動かしています♪


4月18日2


裾上げ

久しぶりにやって来たS子さんはズボンの裾上げ。
「頼まれたら断れなくてさ~」
お友だちに頼まれたそうです。素敵なズボンですね!


コースター作り

T子さんはミシン掛け。コースター作りです。
「久しぶりに来たから忘れちゃったわ~」と言いながらも楽しそう。

カタカタカタ…と心地よいミシンの音が響きます。
たまにダダダダダッて激しいのもありますが!(笑)

「今度はコンピュータミシンで刺繍するべな」と意欲満々の人も。
どんな作品が出来上がるか楽しみにしてますよ♪


そして、夕方…


きずな館2

解体作業はさらに進んでいました。寂しくなります。


もくもく

旧ボラセンの喫煙コーナー。
もくもくコーナー?ランド?の桜も咲きました。
町内の桜は昨日の陽気で一気に花開き、見頃を迎えています。
七の市商店街付近のしだれ桜もきれいですよ♪

しかし、夜から雨が降り出した七ヶ浜。
花散らしの雨にならないといいのですが…



2013.04.13(Sat):日々徒然
最近の手作り品ををご紹介しますね。
工房利用者さんたちの春の新作です♪

長いす

まずは木工房のMさんが作ったイス型の飾り棚。
裁縫のおかあさんたちから、じわりじわりと注文が来ているみたいですよ。
皆さん、何を飾るのでしょうか…?
「本棚にもいいかも」と言う人も。文庫本サイズにいいですね!


テーブル

これはテーブル? 作業台でしょうか?
Hさんは先日ポストの依頼も受けたばかりです。
裁縫の部に取り付けたものをご注文いただきました。忙しくなりますね!


パッチワーク

裁縫の部ではパッチワークが流行りつつあるようで…
「はまっちゃいそう」と呟いた、スタッフいずみの力作!
鍋敷き? ちょっと大きめのコースター? カワイイと評判です♪


展示スペース

工房の作品展示コーナー。
Hさんの作った棚にすっぽり収まった小物たち。
「手作りの参考に」と頂いた全国からの作品も一緒に飾っています。


さるぼぼ

桜が咲き始め、すっかり春めいてきました。
昨年も同様、この季節は利用者さんの来所が少なくなります。

漁業を復活された方や、畑の準備を始めた方。
グラウンドゴルフなどのスポーツに出掛ける方。
お孫さんの子守りや、地区の役員活動を頑張っている方。
新しくおうちを建てられ、その準備に忙しい方など…

皆さんそれぞれのペースで普段の暮らしに戻りつつありますが、
その心中はよりいっそう複雑さを増しているように思えます。

震災によって分散した家族への思い。
自立再建したくても出来ない不満。
未だ取り払えられない被災していない人との格差。
家族や友人など、かけがえのない人々の死…

工房では毎日利用者さんたちの生の声が飛び交います。
笑いあり涙あり、ときにぶつかり合ったりすることも…
これは工房に限らず、仮設住宅集会所やボラセンでも同じ状況なんだとか。

これが震災から2年1ヶ月が経った被災者の今です。
スタッフが出来ることは、利用者さんを見守ること。
至らないところが多いですが、今後も皆さんを支えていきたいと思っています。




【追記:4月13日】
 
今朝、淡路島で震度6弱の地震が発生。
早朝の激しい揺れに、18年前の阪神大震災の恐怖が甦ったことでしょう。
液状化や地割れなどの被害状況が報道機関から伝えられました。
津波の心配がないのでホッとしています。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

いつどこで揺れるかわからない状況に、地震国日本を痛感させられます。
非常食や防災グッズなどを再確認し、避難経路を家族で話し合いするなど。
いざというときに備えて、事前に用意できることをしていきたいですね。



2013.04.12(Fri):日々徒然
すっかりご無沙汰しています。久しぶりの更新です。

あちらこちらから聞こえてくる桜の便り。
宮城県内でも南部では満開を迎えたとのこと。
「一目千本桜を見てきたのぉ~」
利用者のT子さんは、昨日だんなさまと船岡までお出掛けしてきたそうですよ。
七ヶ浜の開花は、あともう少し…でしょうか? 待ち遠しいですね♪


さて、新年度がスタートしたきずな工房。
最近の出来事からご紹介しますね♪

ウミガメブローチ完成

先月から製作していた「ウミガメのブローチ」が完成!
ひょうご・まち・くらし研究所に納品しました。
どこかで見かけたら、よろしくお願いしますね♪


ウミガメのブローチ

TE子さんが布を変えて作ってみました。
また、雰囲気が違って素敵ですね!


ブラザーさんご訪問

それから、4月4日はブラザー工業さんの訪問がありました。
小池社長も工房に来てくれました。ありがとうございます!

ブラザー工業さんには、公園建設をご支援していただくことになりました。
生涯学習センター敷地内に「きずな公園」を作ります。
この日、建設にあたって町民が集まりワークショップを開催。
植栽やモニュメントなどをテーマに様々な意見が飛び交いました。
どんな公園が出来るのか楽しみですね♪

最近の利用者さんたちの作品などは、また次回にでも…☆


2013.04.09(Tue):支援者の皆さま
支援

町内にお住まいの遠藤喜二さんから着物を頂戴しました。
バッグや貝びななど、和の手作りに使わせていただきます。
ご支援ありがとうございました!




2013.04.03(Wed):日々徒然
新年度がスタートしましたね!
新入学に新学期、異動や転勤などなど…
新しい環境にドキドキワクワクの方も多いことでしょう。

さて、きずな工房はというと…?
おとうさん、おかあさんたちはいつも通りの笑顔でやって来てますよ♪

…と、その前に前年度の出来事をひとつご紹介しますね。


3月29日1

3月29日のきずな工房。
裁縫の部の奥がちょっとだけいつもと様子が違いますが???


3月29日2

この日は、足湯ボランティアの日。工房では初めてのこと。
レスキューストックヤードの清水玲奈さん(以下、れなちゃん)がやって来てくれました。

まずは木工房のおとうさんたちからスタート!
バケツにお湯を張り、両足をつけてもらいながらハンドマッサージ。
スタッフのミッチーさんは、初めての足湯に緊張していたようですよ。

「避難所のとき以来だ」と懐かしそうに話してくれたのはHさん。
れなちゃんと会話が弾み、とっても楽しそうでしたよ♪


3月29日3

「れなちゃんが来てくれたのか~」と喜ぶMさん。
実はご夫婦で足湯の常連さんなんだそうです。
急きょご自宅にお電話し、奥さんが工房に駆けつけてきました!

また、HUさんも集会所の足湯を楽しみにしている一人。
れなちゃんが工房に来るのを心待ちにしていたんですよ。

足湯のれなちゃんはモテモテですね♪


3月29日4

TM子さんは初めての足湯でちょぴりドキドキ♪
ハンドマッサージを受けながらのおしゃべりで、次第にリラックスムード。
「足だけでもあったまるもんだねぇ~」としみじみ…


避難所の頃はお風呂代わりだった足湯。
ボランティアさんたちとの交流の場でもありました。
お喋りの中でほろりとこぼれ出る悩みや不安。
外から来たボランティアさんだから話せることも多かったのです。

足湯の「つぶやき」は、被災者の生の声。
ボランティアさんたちはじっくり耳を傾けます。
そして、その内容を記録し、具体的な支援につなげていきます。


お風呂に入れるようになってからも足湯を訪れる人が多いのは、
ボランティアさんたちとの交流を楽しみにしているからなんでしょうね。
れなちゃんのように継続的に来てくれると嬉しいですよね♪

自分の話を聞いてもらえる、聞いてくれる人がいる。
心の支えになるような活動が、これからもっと必要になってくるんだと思います。

れなちゃん、お疲れさま。ありがとうございました!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。