--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2014.03.18(Tue):日々徒然
3月18日1

3月18日のきずな工房。
最近、再び顔を出してくれるようになったN子さんがやって来ました。
ティッシュBOXカバーを作ってみたいということで、TS子さんが先生になって製作開始!
また、「この前作ったエコバッグにポケットを付けたの」と皆に見せてくれたN子さん。
余り布を使って外側と内側の両方に付けていましたよ♪ 楽しまれてますね!


3月18日2

ひょうご・まち・くらし研究所のお花作りも完了!
おかあさんたちの熟練の技で、とてもきれいな仕上がりです。
山口さん、間もなくお渡しできますよ♪


それから、それから…

きずな工房が誇る手タレの皆さんをご紹介いたします。

さくら

つるし飾りの桜を作っているTS子さん。
手縫いもいいけど、ミシン掛けがとてもお上手なんですよ。

TS子さんは、工房の芸能コメンテーター!?
いつも楽しい話題提供をしてくれるんですよ♪


ポーチ

ポーチ作りをしているのはHさん。
これは、以前ブラザーさんに教えてもらったものです。
今日は他にパッチワークのポーチも作っていました。

Hさんは工房の接客担当でしょうか?
来所された方に積極的にお話してくれて場を盛り上げてくれます。


おにぎり袋 

ラストは、工房の手タレの元祖・T子さん。
おにぎり袋作りでロックミシンを動かしています。

T子さんは…お笑い担当かな?(笑)
皆を楽しい雰囲気にしてくれる天才です♪


このおかあさんたちの手から様々な作品が生まれます。
また、他の手タレの皆さんをご紹介しますね!




スポンサーサイト
2014.03.18(Tue):支援者の皆さま
支援

丹波市社会福祉協議会の皆さんからお菓子を頂戴しました。
ありがとうございます。

工房との関わりは、丹波市の団体・災害支援ボランティアネット 丹(まごころ)の皆さんとの交流がきっかけです。町ボランティアセンターからの声掛けで集まった利用者さんの何人かが、食事をしながらの交流会にご招待を受ける他、野菜のご支援をいただくなどお付き合いがありました。
先日開催のメモリアルイベントにも参加され、「丹波の人たち来てたよ」と久しぶりに再会した利用者さんもいたようです。




支援 

県社協の浅沼さんからも美味しいものの差し入れが… ご馳走さまです。
久しぶりの来所でしたが、元気?そうで?なによりです。
また顔を出しに来てくださいね!



2014.03.15(Sat):支援者の皆さま
3月14日のきずな工房。
この日は二人のイケメンがやって来てくれました!

太一さん

まずお一人目は、埼玉の木村太一さん
メモリアルイベントに合わせて七ヶ浜へボランティア活動に来てくれました。


支援1

パンのおみやげをたくさん頂戴しました!
「太一さん、来てくれたんだ~」
「いつもありがたいね。よろしく言っててね」 
この日は社協主催の調理実習日。ほとんどの利用者さんたちが参加。
太一さんに会えたおかあさんは一人だけ… 残念でした。

久しぶりの再会。太一さんの笑顔に元気をもらいました♪
福島での支援の話も機会があればまた聞かせてくださいね。

ありがとうございました!揚げかまもご馳走さまです!





支援2

そして、もう一人はというと…
知り合いの大工さんから譲り受けた道具を持ってきてくれた渡辺道夫さん
元・木工房の支援員です。ありがとうございます!


道夫さん

久しぶりにおとうさんたちと楽しく会話? ワッと賑やかになりました!(笑)
たまにはこんな風に遊びに来てくださいね♪ 待ってまーす!



2014.03.15(Sat):日々徒然
3月13日1

3月13日のきずな工房
木工房では、Hさんが久しぶりにやって来ました!
Mさん、とっても嬉しそうでしたよ♪


3月13日2

Hさんさんは、テーブルの脚作りに取り掛かっていました。
どんどん削りを入れて… 気が遠くなりそうですが…
出来上がりが楽しみです!


3月13日3

Mさんは、電動糸のこでパーツ作り。
イス型のミニ鉢台の製作真っ最中です。細かい作業ですね。

木工のおとうさんたちはこんな感じで毎日楽しんでいます!



2014.03.15(Sat):日々徒然
3月12日1

3月12日のきずな工房は「わげすたぁ~ずの日」。
毎月第2・4水曜日の午前中は、20~50歳代の方々限定の利用日です。
この日は3名のわげすたぁ~ずがやって来ました。


おにぎり袋

以前登録をしていたけれど、初めて工房を利用したSR子さん。
「ミシンをかけたい」ということで、3人でおにぎり袋を作りました。
お裁縫が好きな方なので、パパッと仕上げていましたよ♪


それから、それから…


3月12日2

午後はいつもどおりの賑やかな工房に。
おかあさんたちが待ってましたとばかりにやって来ました!


3月12日3

先月は「桃」に挑戦したつるしびな作り。
3月は「桜」を作ろうとスタッフ・いずみが試作を始めています。
来春に向けて、毎月1~2個ずつ作ってみようと目標を立てました。


3月12日4

また、利用者さんたちがお花のストラップを作っています。
T子さんとHさんが以前作っていたものを真似っこして皆で楽しそう♪


エコバッグ

その一方で、毎月の依頼品も着々と進んでいます。
名古屋の洋菓子店フィレンツェさんのエコバッグとミルクまんじゅう入れ。
工房の手タレ・T子さんのお手元をパチリ!
「こんな手でいいんだべか?」と恥ずかしそう。
働きものの素敵な手ですよ♪
いつも撮影にご協力いただきありがとうございます!



3月11日、雪の降る朝になりました。
「今日は晴れの予報だったのに」
「なんでこの日に。あの時を思い出すよね」
社会福祉情議会の湯沸し室でお茶入れをしながらの会話です。

「なんだか今になって涙が出てきちゃってさ」
職員の中にも被災者がいます。
「(今まで)踏ん張ってきたの。3年経ったので気が緩んじゃったのかな」
テレビでは、3年目を迎える被災地のことを連日取り上げています。
その一つひとつを見聞きしては泣いていたそうです。

この日のきずな工房は閉所日。
それぞれが故人を偲ぶ一日にさせていただきました。
裁縫の部のスタッフは通常勤務。布の買い出しや、事務処理などを行いました。
おとうさん、おかあさんたちがいない工房はとても静か…
一人くらい間違えて来ないかな?って思ってしまったほどです。


追悼式

そして、午後は社協職員として町の追悼式に参列。
会場の七ヶ浜国際村に向かうまでは、私たちが行ってもいいのだろうかと複雑な気持ちでした。工房の利用者さんのご家族ご親戚もお亡くなりになっています。
ご遺族の皆さんと共に黙とうし、献花台に花を捧げて気持ちが切り替わりました。ピッと襟を正すような身が引き締まる思いです。

皆さん、未だ複雑な思いを抱えたまま節目のときを迎えられたと思います。
「昨日はテレビを見て泣いてばかりいたの」
「いろいろ思い出しちゃってさ。目が腫れちゃってね」
翌日来所した利用者さんたちもそれぞれ思いを巡らしていたようです。

あっという間だったような、長かったような…
この3年をどう表していいのか正直よくわかりません。
ただ夢中で駆け抜けてきたことは確かです。

きずな工房の活動は来年度も続きます。
この場所を心のよりどころにされている方たちが、楽しい時間を過ごせるようにこれからも頑張っていきます。



2014.03.11(Tue):支援者の皆さま
支援1

ご紹介が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
2月28日、愛知県の髙木由美子さん・雅成さん親子からお花が届きました。
ありがとうございました!

生涯学習フェスティバルの会場で飾らせていただきました。
おかげさまで、会場の入り口が華やかになりました。とても嬉しかったです!




支援2

3月1日、北海道の山下孝子さんから木工品と手編みの靴下や防寒着、お菓子を頂戴しました。


支援3

この木のおもちゃは、なんと!山下さんの手作りのもの。
被災地の子どもたちに贈りたいと作られていたそうです。
今回木工の参考になればと頂戴しました。

可愛くて温かみのある木のおもちゃ。
赤ちゃんが口にしても安全なオイルをひと塗りしているそうです。
これはぜひ七ヶ浜の子どもたちにも使ってほしいと考えました。


支援

3月11日、生涯学習センター内のキッズルームに寄贈させていただきました。
2つの仮設住宅にも近いので、たくさんの子どもたちに使ってもらいたいです。
木の温もりを感じるおもちゃでいっぱい遊んでほしいな♪

工房にも手作りの参考にいくつか飾らせていただいています。
「すごいねぇ~!カワイイねぇ~!」と利用者さんたちと毎日眺めているんですよ♪ 山下さん、ありがとうございました!




2014.03.10(Mon):防災
きずな工房は、七ヶ浜町社会福祉協議会が運営している施設です。
今回は、防災に関連した社協の取り組みについてご紹介いたします。

おめでとう1

この度、第4回防災コンテスト(e防災マップ・防災ラジオドラマ)でダブル受賞しました!ありがとうございます!

e防災マップ 『3.11からの七ヶ浜の復興の記憶』で優秀賞、防災ラジオドラマ(脚本部門) 『虹色の漣(さざなみ) 特別編』で奨励賞をいただきました。

e防災マップとは、インターネットを使ったマップ作成システム(eコミマップ)を利用し、地域の防災資源や危険個所、災害時の対応や日頃の防災活動などを地図に表したもの。このマップやラジオドラマ作りをとおして、地域の防災活動を高めることを目的に、2010年度から防災コンテストを開催しています。主催は、(独)防災科学技術研究所


おめでとう2

3月8日、茨城県つくば市で表彰式・記念シンポジウムが開催され、社協職員の皆川峰永が参加しました。前回第3回のコンテストでは、『七ヶ浜生活支援マップ』で最優秀賞を受賞しています。


おめでとう3

防災ドラマは、同じく社協職員の我妻明子も協力。
我妻は、社協だよりで連載の『虹色の漣(さざなみ)』を担当しています。
虹色の漣は、町内にお住まいの方々の震災体験をご紹介するコーナーです。

明日で3年を迎える東日本大震災。その教訓を生かし、それぞれの地域の特徴を踏まえて、災害に関する課題や対策を考えていく必要があります。
備えあれば憂いなし。私たちの経験を次の世代に残していければと思います。


七ヶ浜の若いチカラ、がんばってます!





【追 記:3月11日】

防災マップコンテスト

eコミマップにきずな工房はこのように載っています。
皆川氏から画像もらいました!

eコミマップで検索していただくとご覧になれます。
また、七ヶ浜ボラセンのHPからもジャンプできます。





2014.03.10(Mon):日々徒然
久しぶりの更新になります。
生涯学習フェスティバルも終わり、平常運転に戻ったきずな工房。
ほのぼのとした、のんびりとした雰囲気で活動しています。

3月5日1

まずは、3月5日の出来事から…


3月5日2

木工房のMさんがなにやら細かい作業をしています。


3月5日3

えっ… これって屋根? ドールハウスでしょうか?


3月5日4

なんと!その正体は、つるし飾りの土台でした!
Mさん、気分が乗っちゃって屋根を取り付けたそうですよ♪
出来上がったのがもう嬉しくて、うれしくて…
「女の人たちさ、見せてこい!」とウキウキしてましたぁ~(笑)


3月5日5

お仕事がきれいで、「さすが!」のひとこと。
「あら、私も欲しいわぁ~」とおねだりを始めるおかあさんたち。
皆でMさんの仕事ぶりに感心していました。お見事です。

今度はミニチュアハウスが見てみたいですねーっ
かやぶき屋根のおうちとかどうでしょう?

また、アイディア溢れる作品を期待してます♪



2014.03.04(Tue):イベント
3月2日1

3月2日、生涯学習フェスティバル2日目です。
オープンから2年の間に作ってきた、利用者さんたちの手作り品が並びました。
小雨がぱらつく中、大勢の皆さんに足をお運びいただきありがとうございます!


飾り台

つるしびなの他にこの日も注目の的は、木工房・Mさんの飾り台に二段式踏み台!
「作って欲しいんだけど…」と予約注文が舞い込みました。
飾り台については、今回のイベントのために特別製作してもらったものなので販売は未定です。ご了承ください。


それから、それから…



【 続きを読む… 】

2014.03.01(Sat):イベント
2月28日1

2月28日のきずな工房。
「逃げる」2月の最終日、利用者さんたちとスタッフは大忙しでした!
工房とお隣の生涯学習センター(中央公民館)を行ったり来たり。


2月28日2

生涯学習フェスティバルを翌日に迎え、準備の最終段階。
みんなで知恵を出し合ってのディスプレイ作業になりました。


2月28日3

全国の皆さんから頂戴した支援品を使った手作り品の数々。
利用者さんたちの大切な宝物です。


2月28日4

年明けから作りためていた復興だるまを様々な形で飾りました。

また、今までの活動写真や、お世話になったボランティアさんたちのお写真も飾っています。


あとは、お客さまを待つばかり…です♪




【 続きを読む… 】

2014.03.01(Sat):お知らせ
**** 3~4月の行事予定 ****

【参加対象者】 
 大規模半壊以上の被災をされた方。
 自立再建された方もご利用可能です。





『 集まれ!わげすたぁ~ず!
 (20~50歳代 限定)』

 ~ 毎月第2・4水曜日に開催します~

●日時/平成26年3月12・26日、
         4月9・23日
         10~12時
●場所/きずな工房


※事前申し込みは不要です。
※針やハサミなどを扱う場所なので、お子さまはご遠慮ください。託児は、保育所の預かりなど、各自でお願いします。





『 工房 一般公開日 』
 ~3月から毎月第3水曜日に開催します~


●日 時/平成26年3月19日、
4月16日10~12時
●場 所/きずな工房
     裁縫の部、木工の部


※工房の活動を広く知っていただきたく、利用対象者以外の方の見学も受付いたします。皆さま、ぜひ足をお運びください。





『 ヘンプ布製品技術講習会・検品日 』

2月20日1

ヘンプ布で子ども用のシーツや枕カバーを作る個人のお仕事です。当日制作したものは買取します。


●日 時/平成26年3月20日(木)
          13時~
●会 場/きずな工房・裁縫の部


●主 催/NPO法人アース・アイデンティティー・プロジェクツ
●講 師/馬淵株式会社
※事前のお申し込みは不要です。







2014.03.01(Sat):お知らせ
きずな工房よりお知らせです。

来週は、裁縫の部・木工の部とも閉所日がございますので、下記のとおりご連絡いたします。

                  
                

閉所日時/平成26年3月11日(月) 終日


※東日本大震災から3年目を迎えます。この日は、町で追悼式が行われます。それぞれが静かに手を合わせ、故人を偲ぶ日にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。