FC2ブログ
2013.03.02(Sat):支援者の皆さま
かな~~~り日にちが遡りますが…(滝汗)

記事のアップが遅くなり過ぎで申し訳ございませんでした。
2月半ばの出来事をご紹介させていただきます。


2月15日のきずな工房。

2月15日2

この日は千代田化工建設株式会社の皆さんが来所。
工房にボランティア活動に来てくれました。ありがとうございます!


千代田化工さんファイルjpg

千代田化工さんは、以前から工房のご支援をいろいろと考えてくださっています。布地のご支援の他、工房の手作り品をお買い求めいただきました。
手作り品の感想をまとめたファイルを頂戴したこともあり、
社員の皆さんの温かなメッセージに一同感激しました。


そして今回、皆さんにご協力いただいたのは手作り品の下準備です。

ふくろう班

ミニふくろうのストラップのパーツ切り。
くちばしと足の部分になるフェルトの切り方をお願いしました。

このパーツ切りは、細かい作業なので工房スタッフの担当。
仕事の合間を縫ってまとめ切りをしていましたが、
なかなか時間を取れないことが多いので大変助かりました。


ハマグリ班

また、男性の方が多かったので、貝びなの下準備もお手伝いいただきました。
とても丁寧に磨かれて、ハマグリがピカピカになりました!

「けんこ(仙台弁で貝のこと)に着物を着せるのがもったいないごたぁ~」
と利用者さんたちがその仕事ぶりに目を細めていました。
こういう作業は、男性の方が向いているのかもしれませんね!


2月15日

このとき、裁縫のおかあさんたちは依頼品作りの真っ最中。
新作を手がけていたので、いつもより神経を使っていましたが、
千代田化工の皆さんとのおしゃべりで緊張がほぐれたようです。
手を動かしながら楽しい時間を過ごせました。


2月15日3

そして、皆さんは木工房の見学へ。
利用者Cさんのトークが止まらなくなったようで… なかなか帰ってこない…
一緒にお茶のみするのを楽しみにしていたおかあさんたちは、
「私ら、もう帰る時間だよわ~」とそわそわしてました(笑)

皆さんが木工房を見学している間に、
裁縫のおかあさんたちがプレゼントを作っていました。
「七ヶ浜に来た思い出に」とミニふくろうを縫っていたんですよ。

帰り際に「目とくちばしは自分で貼ってもらってね♪」と利用者Kさん。
これが七ヶ浜流???なんでしょうか。


ストラップ作り

…ということで、千代田化工の皆さんは最後にひと仕事。楽しそうですね~♪


千代田化工さん

写真左から松岡数実さん渡辺真さん村田卓弘さん中村祐子さん

お手伝いいただき感謝しています。
そして、楽しいひとときをありがとうございました!


Secret

TrackBackURL
→http://kizunakoubou7.blog.fc2.com/tb.php/171-1d1ea3f7