FC2ブログ
2013.03.10(Sun):日々徒然
3月7日のきずな工房。

工房にやって来た途端に「今日から始まったぞ!」とKさん。
「じゃあ、昼休みに行ってみますか~」と車を走らせて行った先は…!?

3月7日1

七ヶ浜国際村で開催の「七ヶ浜つるし飾り展」。
エントランスホールにずらりと飾られた吊るし雛の数々!

七ヶ浜つるし飾りサークルと、塩釜きっこまざき会の皆さんによる展示です。
震災後、避難所生活のときから作った作品が飾られています。


復興だるま

瓦礫の中から見つけた着物で作った復興だるまは、その数2011個。
被災地の皆さん約800人が手がけたものだそうです。


さるぼぼ

さるぼぼは、約2000個が展示されています。
宮城・福島の行方不明者の数と同じくらいになりました。


3月7日2

その他にも、サークルの皆さんが作った作品が置いてあります。
一つひとつが丁寧に作られていて、素晴らしいものばかり。


3月7日3

町の生涯学習フェスティバルに飾られていた作品もありました。
場所を変えるとまた違った雰囲気に見えます。


這い子人形

大きな這い子人形が愛らしくて… ギュッと抱きしめたくなります。

辛い気持ちを抱えながら、一針ひとはり思いを込めて作った品々。
それぞれに手の温もりが感じられ、見ていると暖かな気持ちに包まれます。

「手を動かしていると、嫌なことを忘れられるんだ」
「きれいな布を見ると、心が晴れやかになる」
工房のおかあさんたちはそんな風に話してくれます。
きっとこの吊るし飾りを作った皆さんも同じなんだと思います。

明日で東日本大震災から2年になります。
一日でも早く被災した皆さんの気持ちが穏やかになるよう願っています。




Secret

TrackBackURL
→http://kizunakoubou7.blog.fc2.com/tb.php/180-1e9c8b77