FC2ブログ
2012.03.20(Tue):支援者の皆さま
3月14日1

3月14日のきずな工房。
この日はブラザー工業株式会社の皆さまのご訪問があり、
前日に届いたミシン5台の贈呈式が行なわれました。


3月14日2

「ぜひ楽しんでいただきたい」と、
代表取締役社長小池利和さんからミシンが手渡されました。

七ヶ浜町社会福祉協議会副会長塩野信臣より、
「今日は本当にありがとうございます。
 きずな工房にますますたくさんの人が来てもらえると思います」。


3月14日3

また、町を通して小中学生向けの手さげバッグ2,000袋を寄付していただきました。
世界各国のミシン事業部にお声がけをして作ってくださったそうです。
心のこもったご支援をありがとうございます!


3月14日4

さて、これからミシンの説明会が始まりますよ♪



【More...】

3月14日6

まずはコンピューターミシンからスタート!
ブラザー工業の皆さんの丁寧なご指導を受け、
おそるおそるミシンを動かしていく利用者さんとスタッフ。

時折、やって来るボランティアセンターからの見学者は、
「まるでパソコン教室みたいだなぁ~」とニコニコ顔で覗き込んでいきました。


3月14日5

こちらはプロ用ミシン。薄地から厚地、革まで縫うことができます。
利用者さんの数人は家庭用、プロ用、ロックと3~4台のミシンを持っていた方もいらっしゃいます。
そのすべてを津波に流されたので、
今回のミシンの寄付をどれだけ楽しみにされていたことでしょう。


3月14日7

コンピューターミシンで刺繍を始めた利用者さん。皆さん、ずっと顔がゆるみっ放しですよ♪


3月14日8

ランチョンマットに花の刺繍をしてみました。


ロゴ

きずな工房のロゴもこの通り!!!

「出来立てが味わえるのはミシンだから」と話すのは、
13、14日の2日間に渡って工房で指導をしてくれた今田聰さん
製造ラインから修理、お客さまの声を聞くカスタマーサービスへ。
お仕事が高じてか、今田家のご家庭の縫製はパパが担当なんだそうですよ。
また、ブラザー工業株式会社のある愛知県名古屋市で、
親子を対象にミシンを使った物作りを教える活動も行なっています。
「もっといろいろやってもらいたい。少しでもミシンを通して変わっていければ」
利用者さんたちの喜ぶ姿を見て「ミシンが大好きなのが嬉しい」とも話してくれました。

私たちスタッフも利用者さんたちのウキウキする様子に思わずにっこり♪
あれもやりたい、これもやりたいとヤル気満々です!
工房にミシンが来たことによって、これだけ皆さんの気持ちが変わるんだなとしみじみ…

手作りの幅が広がり、これからたくさんの作品が仕上がっていくことでしょう。
ブラザー工業株式会社の皆さま、ありがとうございました!


Secret

TrackBackURL
→http://kizunakoubou7.blog.fc2.com/tb.php/46-9cae0098